2016-6-22 感動
ティッピ

ティッピ・ドゥグレ Tippi Degre
まるでおとぎ話のように野生の
動物たちとともに過ごし
並外れた絆を結ぶ能力を持った少女

「もしかするとこの子は、
そう長く生きられないかもしれない」

1990年6月4日アフリカ・ナミビアの
首都ウィントフークにて
ティッピは生まれる。

ティッピの両親は野生動物専門の
カメラマン。
彼らがアフリカで暮らしていたために
ティッピはアフリカの大自然の中で
幼少期を過ごす。

ティッピの考え方はそこに住む
動物たちと同じ。
自分と同じ大きさの動物は
みんな友達だと思っていた。

いや自分よりもはるかに大きい動物も
臆することなく接するティッピ
ティッピの愉快な仲間たちは
ヒョウ、ゾウ、ワニ、ライオンの子供
キリン、ミーアキャット、ダチョウ、
マングースチーター、ヘビ、シマウマ、
カメレオンや巨大なウシガエル達。

ティッピは言う

「私も裸にならなければ、
動物たちは心を開かないわ。」

ナミビアの原住民と交流するティッピ、
彼女は彼らの言葉を話すことができた。

人生のうち10年をナミビアで過ごした
ティッピはその後両親の故郷である
フランスに戻った。

普通の公立学校に通っていたが
都市での環境に馴染めなかった。

やがて彼女は通学をやめ在宅教育を受ける。
23歳になって映画を学ぶため大学に通った。

現在彼女がどのように過ごしているか
ほとんど知られていない。
最後に聞いた情報は
ティッピはナミビアのパスポートを
取得したがっているということ
もしかしたら彼女は
かつて過ごしたアフリカの大地に
帰っているのかもしれない。

▼詳細は動画にて

新規コメントの書き込み

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)